アルピナウォーター ウォーターサーバー 放射性物質

アルピナウォーターのウォーターサーバーから放射性物質は検出されていない? 

アルピナウォーターは国産のウォーターサーバーで唯一の純水(ピュアウォーター)で人気。不純物を含まない透明度は専門用語では「超純水」と言われるほど。
東京の水道水から乳児基準超えるヨウ素が検出されたニュースや、茨城県のお母さんの母乳の複数から同様のヨウ素が検出された記事を目にし、そんなアルピナウォーターは大丈夫?と心配の声があがっているようです。

北アルプス、アルピナウォーター、水源
アルピナウォーターは福島原子力発電所事故を受け、放射線物質検査を専門機関に依頼。
その結果、アルピナ製品ボトル中のお水からの放射性物質は一切検出されませんでした。安心して利用することが可能です。





▶▶ 放射性物質検査を定期的に複数の機関で実施して安心!アルピナウォーター

アルピナウォーターの知られざる人気の秘密



純水(ピュアウォーター)と、きれいな水が特徴のアルピナウォーター。
お母さんがウォーターサーバーにセッティングできるボトルの重さ(12L)も人気のポイントのようです。
最近は地震に備え、通常のサーバー以上に卓上サイズも人気が出ていています。
そんなアルピナウォーター、他のウォーターサーバーを比べて安い!という隠れた事実、ご存知でしょうか?

アルピナを選んでいる家族は、健康を第一に品質で選んでいるため、意外と緻密な計算をしていないのですが、実は7社10プランのコストを算出したところ、平均年間コスト37,120円のところ、アルピナウォーターは26,004円と圧倒的な安さを実現できているのです。


コスト比較表.png

※年間平均コストは1カ月18.9リットルを飲む場合を想定
※比各社の特典は正当に全て割引き、メンテ費(1社のみ3,000円/年)も加算した結果
※1番安い25,710のコストが算出された水の源は水道水


そしてアルピナウォーターは初回月サーバ費は無料(600円)。この金額はひいていないのに上記のようなコスト比較で安さNO.1は驚くべき結果でした。


確かな品質なのにアルピナウォーターが安いのはなぜ?

コスト分析をし判明したのは、各社の料金プラン設定のマジック。
アルピナウォーターが安い理由を強いてあげるとすれば、水の追加注文のノルマがないということ。サーバのメンテナンス料も無料です。

注意マーク他社の気づきにくい契約内容に潜むワナに注意!
「サーバー代はかかりません」というプランは一見、安いイメージがしますが、例えば年間契約で割引きます、定期宅配でこの価格、という会社があったり、解約時の送料は客側が払うという盲点をついた契約内容となっているのです。
合わせて「赤ちゃんプラン」にもご注意ください。安いのが特徴ですが、放射能汚染が懸念される水道水を水源としているケースがあります。
正当・明確な料金プランで確かな品質、それがアルピナウォーターです。アルピナウォーター詳細へ



水の浄水・殺菌方法、サーバーのメンテでも差があります!

化学的な薬品を使って浄水、殺菌を行っているメーカーもある中、技術で浄化・殺菌を実現しているアルピナウォーターは安心。そのポリシーはボトルさえ加熱殺菌はしていないというほど徹底されています。
そしてサーバがメンテナンス不要の仕様なので、点検しません!という会社ともある中、2年に1度、無料で実施されるのも安心
ここで(2年に1度!?1年に1回して欲しいな…)と感じる方も多いハズ。
実はこれは、アルピナウォーターの魅力でもあるとこ。
アルピナウォーターはミネラル分を含まない為、雑菌が繁殖しづらい性質なのです。そのため未開封のボトルであれば消費期限は1年と他のウォーターサーバーよりも長めとなっています。


▶▶ 水の品質・コスト・性質どれをとっても満点の水それは…
王冠、1位アルピナウォーター詳細へ